治療例のご紹介「インプラント」

インプラント

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作成して機能を回復する治療方法です。完全に固定されるため、入れ歯のようにぐらついたりせず、天然自歯とほぼ変わらない感覚で噛めるようになります。
保険は適用外の施術となりますので、ご希望の方は医師にご相談ください。

安全なインプラント手術、ボーンナビシステムについて

最近、インプラント手術における不幸な死亡事故が東京にて発生しました。それは術中に血管を傷つけてしまい、患者様が亡くなってしまったのです。その手術をおこなった歯科医師は、インプラントの草分けといった日本でとても有名な先生でした。インプラント手術は、危険な一面もあります。当院では、そんな事故がおこらないよう、術前に診断し、血管や神経を3Dの画像(CT)にて把握します。その画像にて安全な埋入方向、長さを確認して、決定します。そのデータをもとに手術用のステント(型)を作成します。このステントを使用することにより、決定した深さ、方向にしか埋入されないため、事故が発生しないだけではなく、従来の手術のように歯茎を切って、開いて、骨をむき出す、縫う、といった作業をはぶけます。よって、歯茎を開かず、直径5ミリ程度の穴をあけるだけですみます。痛み、腫れはありません。感染のリスクもかなり軽減し、1本20分かからず終了します。当院でのインプラント手術は、現在、ほとんどがこの手術でおこなわれています。

最初に写真のような道具を使用し、CTを撮影します。

患者様の顎の骨の実寸大の模型を作成します。これをもとに手術用のステント(型)がつくられます。

骨の模型を横から見たものです。
神経の位置を再現しています。

写真のような手術用のステント(型)をBioNIC社にて作成します。BioNIC社については、動画を見てください。

手術用のステントの拡大です。

手術時はこのように口の中の装着します。

BioNIC株式会社

当院では、BioNIC株式会社との連携体制で安全・確実なインプラントを実現しております。BioNIC株式会社の技術内容は動画でご覧いただけます。ご覧になりたい方は、左図画像をクリックしてください。

※閲覧には、QuickTimePlayerが必要です。閲覧出来ない方は、以下からダウンロードをしてご覧ください。

写真左下に乳歯が残っています。永久歯の欠損のため残しておいたものだと思われます。しかし、写真のようにまがってはえており、機能していません。そのため、上の歯が伸びてきてしまっていました。

インプラントの術中です。骨の中に入ったインプラントです。この上に差し歯がはいります。

乳歯をインプラントに入れ替えました。歯並びも改善し、上の歯としっかり噛めるようになりました。

インプラント術後の横からです。白い陶材の歯が入るため、インプラントだとわかりません。歯茎の状態も良好です。

上の前歯を多数欠損しております。入れ歯も具合が良くなく、インプラントを希望されました。
インプラントによるブリッジにて審美的に前歯を回復しました。
前歯の根が破折したため、抜歯になってしまいました。
どの歯がインプラントかわかりません。オールセラミックをインプラントにセットしました。
歯の根が折れてしまい、残念ながら抜歯になりました。
インプラントにオールセラミックをつけました。
下の前歯が抜けてしまい、来院されました。
インプラントにオールセラミックをつけました。
左下の奥歯がありません。
インプラントにて奥歯ができました。
下の左側の奥歯がありません。
奥歯がインプラントにて回復しました。
下の右側も奥歯がありません。このままでは前歯でしかかめません。
奥歯がインプラントにて回復しました。
左上の3本の歯を失っておられました。入れ歯が苦痛のためインプラントになりました。
3本のインプラントを入れ、上に白い歯をつけたところです。
上の前歯6本がありません。見える場所であり、インプラントになりました。
6本のインプラントにてセラミックの歯がはいりました。歯茎の形が不揃いな場合、このように歯肉の色を使用し、歯を均一にできます。
左上の多くの歯を失っています。
インプラントにて入れ歯を回避できました。
右上2本の歯を失っています。
インプラントにて歯が入りました。
右下奥歯を喪失しています。この状態では食べ物が非常に噛みずらいです。
これで食べ物を噛みやすくなりました。
右上の犬歯を喪失しています。
隣の歯を削らずに犬歯が戻りました。
写真左側の第二小臼歯と第二大臼歯の二本が欠損しています。
インプラント治療により、本来のかみ合わせを取り戻せます。奥の歯はかみ合わせの関係上金属が一部分見えていますが、金属を出すか出さないかは患者様が選ぶことができます。
右下2本歯がない状態です。
インプラントにて歯がはいりました。
左側の一番奥の歯が無いままの状態でした。
インプラントにて歯を取り戻しました。
右下の奥歯二本がインプラントです。
インプラントのおかげで
入れ歯にせずにすみました。
下の左右の奥歯が無く、入れ歯が入っていました。
インプラント術後です。写真から見て右奥1本、左奥2本インプラントが入り、入れ歯から開放されました。
右上の奥歯がありません。このままの状態だと大変かみにくいです。
オールジルコニアというとても硬い素材で歯を作製しています。かみ合わせの強い方などには壊れるトラブルの可能性が低くなります。若干色艶におとりますが、患者様に選択していただけます。
下の左右の奥歯がありません。
左右の奥歯にインプラントがはいりました。

GBR(骨再生誘導法)

インプラント手術には、十分な顎の骨が垂直的・水平的に必要です。インプラント手術に適った骨でない場合は、通常、ブリッジや入れ歯といった別の治療をお勧めしております。しかし、どうしてもインプラントがご希望の患者様は、条件さえ合えば、顎の骨を人工的に増やしてインプラント手術が可能になる場合があります。この骨を補うために用いられる再生医療技術をGBR(骨再生誘導法)といいます。

当院では、このGBR手術も行なっています。歯科医院ならどこでも出来るという手術ではありません。過去に、インプラントは不可能、と歯科医に言われた経験があるという方も、もしかしたら可能性があるかもしれません。ご興味のある方は、いちど診療にいらしてください。

骨が大量に不足しており、このままではインプラント手術はとても不可能です。
図のように人工の骨を足したい部位に挿入します。その後、メンブレンというコラーゲン製の膜を歯肉との間におきます。
あとは隙間がないように糸で縫います。手術後は、骨がくっつくまで6か月ほど待ちます。